群馬県高崎市 お漬物、青果のことなら宮石青果店にお任せください。漬物は国産野菜の中でも素材を厳選し、手作業で作っています。

qrcode.png
http://miyaishi-seikaten.com/
モバイルサイトにアクセス!
宮石青果店
〒370-1214
群馬県高崎市根小屋町2187-3
TEL.027-325-2273
FAX.027-325-2335
 
005039
 

宮石青果店の漬物

  • HOME  > 
  • 宮石青果店の漬物
 

宮石青果店のヒストリー

宮石青果店のヒストリー
 
 
 創業時は近所の方から借りたリアカーで青果を引き売りしていました。その後やっと手に入
 
れたのは中古のオート三輪でした。販売は好調で近所の方の支えもあり近くに店舗を構えまし
 
た。10年、20年と時代の変化とともに人も町も変わり、近隣には大手スーパーができる等、宮
 
石青果店にとって不利な状況となりました。ところが母が漬けた昔ながらのたくあん漬けは近
 
所の方からいつも評判でした。それを見て二代目の宮石松雄が考えついたのが、旬の時期だけ
 
の柔らかい近江生姜を使用したお漬物でした。「なんでも安く売ればいいのではない、素材に
 
こだわった他にはない商品をつくろう」と思ったことがきっかけで妻の正子さんと何度も試作
 
を重ねて出来上がったのはシャキシャキの食感とさわやかな酸味が特徴の「新しょうが漬け」
 
でした。新しょうが漬け完成後、知り合いや仲間、近所の方々など、たくさんの方々が宣伝を
 
してくれました。多くの方々の協力もあり新しょうが漬けの販売は順調でした。新しょうが漬
 
けのヒントとなった母のたくあんは「十文字たくあん漬け」として旬の11月~12月に販売、そ
 
の後も「らっきょう漬け」を5月~9月まで、「国府はくさい漬け」は11月~2月までと、旬の
 
国産素材に限定した商品が支持をいただきました。
 
 現在も宮石青果店は昔と変わらぬまま、常に近所の方々や仲間と助け合いの精神でお付き合
 
いをさせて頂くと同時に、近隣の方々にとって必要なお店として、又、コミュニケーションの
 
場としての存在価値を重んじ、地域社会から喜ばれるお店を目指して営業しています。
<<宮石青果店>> 〒370-1214 群馬県高崎市根小屋町2187-3 TEL:027-325-2273 FAX:027-325-2335